「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

ライバルや予備校の動向は!?12月の公務員試験!!

第98回動画では12月の公務員試験業界についてお話しします。 2020年試験に向けて、12月というのはどのような時期なのか? どのような属性の受験生がどのような気持ちで過ごしているか、公務員試験の大きな流れを作り出している予備校の動向なども絡めてご説明しています。 既に勉強を始めている方も、これから始めて間に合うの?という方も… この時期をどう有意義に過ごすか知るため、必見の内容です!是非ご覧ください!

12月はどんな時期? 予備校では自習室がフル稼働

予備校事情としては、大きく何かが動く月ではない。でも、自習室は大分賑わっている。

 

12月はどんな時期? 年明けに向けた総括の時期

12月は1年の総括。12月後半になったら、これまで消化してきた科目を書き出す。その後、1月の目標を決める。

 

12月はどんな時期? 主要科目の未消化には注意

・主要科目で未消化科目があると不安になるので、着手していない科目は必ず12月末までに終わらせる。

・1月は時間があまりとれないので、未消化科目でいけると思うものは、確実に12月までに消化させる。着手していない科目も、途中で終わってしまうかもしれないが、着手しておく方がよい。

 

12月はどんな時期? 小論文には着手して!

予備校や学内講座では小論文対策が始まっているので、独学の人は小論文に着手しよう!

 

12月はどんな時期? 楽しい時期を目標にしてもよい

クリスマスをモチベーションにして、それまではがんばろう!クリスマスは、みんなで楽しく過ごした方がよい。

 

12月はどんな時期? 始める人は試験科目に注目

12月から始めて間に合うか?公務員試験は直前3か月が勝負なので、スケジューリングを大切にしよう。行政の事務区分を受ける人は、直前3か月までに主要科目を消化できる自信があれば可能。教養のみの試験ならば余裕。

キーワードやタグから別の動画を探す