「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

都庁・県庁の現職公務員の方から見てカッコいい!花形部署や人気の仕事とは

第53回動画では現職の方(都庁、県庁)に聞いたカッコいい、人気の公務員の仕事についてのお話。 公務員の方から見てカッコいいと思う公務員の仕事とはどのようなものなのでしょうか?

今回はこのような仕事に携わる方を勝手に「テンアゲ公務員」と命名してご紹介します。

公務が必ずしも華々しい仕事ばかりではないことは周知の事実ですので、公平な情報発信をお約束しているみん公には珍しい回と言えるかもしれません。 でも、たまにはこんな回があっても良いじゃないか!ということでお届けします。

国際社会で活躍する公務員や、正義のために公権力を行使する公務員の話で、受験生活のテンションが少しでも上がってくれればうれしいなと思っております。

カッコいい公務員の仕事1【事業系】現職に人気のある職種

総務、人事、財務などの官房系よりも、事業系(福祉、スポーツ、子育て、災害普及啓発などのイベント)が人気のある花形部署。やりがいやステータスがある。都庁で今一番大きいのはオリンピック・パラリンピック。

事業系は、コミュニケーション能力が高い、事務作業ができるなどの”デキる人”が多い傾向。しかし、出世が見込まれるエリートとなる人が行くのは官房系と言われている。

カッコいい公務員の仕事2【花形部署の都庁水道局】技術で途上国支援

東京都水道局の場合、東京の進んだ水道技術を海外(発展途上国)に教えるという事業もある。このように東京都庁なら国際貢献の仕事にも携われる。海外への貢献度が高く、技術を海外に伝えるという仕事はカッコよく魅力的で花形部署といえる。

ちなみに、東京都庁の人たちは自分たちのことを「都(みやこ)商事」なんて言ったりもするとか。

カッコいい公務員の仕事3【文化振興、観光】安定の人気

文化振興に関わる部署は、やりたい人という人が多い。内外との調整ごとが多く大変だが、首長から直接マターが降りてくることも。

カッコいい公務員の仕事4【超グローバルな仕事!】

国際会議の誘致(MICE)。国際会議の場になることで世界中から注目を浴び、小さな都市でも活性化される。MICEは普通の観光業よりも経済的な効果がとても大きいため、今各自治体が力を入れている。専門的な部署を持つ自治体も。

海外エージェントとの商談などをする部署はやはりカッコいい花形部署。でも外国語ができないと話にならない。

「役所=事務作業」というイメージはあるが、このように華々しい花形部署的な存在の仕事もある。

カッコいい公務員の仕事5【権力行使側の仕事も】

悪徳業者に行政処分する部署などもある。張り込みや警察と一緒にガサ入れなどもする。規制行政は市役所よりも都道府県庁の方が多い。正義感のある人には向いているかも。

最後に

公務員にはやりがいのある仕事がいろいろあるが、意外と表に出ていない仕事がある。調べられる限りで仕事内容を調べてみて、自分の志望動機ややりたいことにつなげてみよう。

キーワードやタグから別の動画を探す