「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

公務員試験、国家総合職対策!まずは試験対策から始める!!

第17回動画では国家総合職対策についてお話しします。 公務員試験の勉強を始めるかどうかの初期段階では試験種ごとの細かい対策情報はなかなか入手することが出来ないのが実情。 そのまま漠然と試験対策を進めてしまう受験生もたくさんいます。 今回の動画では国家総合職試験について、「区分を決める→一次試験対策→論文・記述、面接対策等」の順で試験のポイントをお話しします。 国家総合職試験は難関ですが、ここに照準を絞っておけばその後の自治体選択の自由度が高まります。調べずに目指さないと決めてしまうことはもったいないですよ

国家総合職対策 受験区分について

国家総合職の区分を決めよう。行政であれば、合格者人数の多い法律区分か経済区分がオススメ。

 

一次試験対策について

・総合職の過去問中心(レベルが高いので)、すき間を埋めるために一般職の過去問も押さえる。総合職は過去問分析が大事。

・数的処理は激ムズ。点数が取れなくても気にしない。

・専門科目(1.5倍配点)で引っ張ることができるように、教養科目よりも専門科目を重点的に勉強する!

 

論文・記述対策について

一般的な小論文の勉強をしてから、政策論文対策をする。専門記述対策では、使う科目は択一を満点にする!

 

面接対策(人事院、官庁訪問)

人事院面接は楽、しかし官庁訪問は大変。志望官庁の説明会に何回も行って顔を覚えてもらう。また、白書などを使って志望官庁の政策は必ず押さえておこう。

 

おわりに

国家総合職対策は他の自治体対策を兼ねるので、国家総合職を目指して頑張ってください!

キーワードやタグから別の動画を探す