「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

職種間の併願ってあり!?行政職、警察官、消防官を比較する!

第26回動画は意外と迷う人が多い行政職と警察・消防官との比較です。 一般的に併願というと国家と地方などが思い浮かびます。 しかし、自治体間ではなく、職種間で迷ってしまう受験生もかなり多いです。 職業選択上どちらかに絞らないといけないのか、向き不向きはあるのか? このお悩みを解決すべく、両職種の違いを分かりやすく「メリット・デメリット形式」でまとめています。 職種間の比較は自治体以上に難しいですが、知識があれば可能性が広がるかもしれませんよ!

行政職のメリット

・相対的に(専門試験が入ると)試験が難しい。

・体力的には楽。

・幅広い仕事に就ける。

・休みがとりやすい(女性にとっては価値あり?)。警察、消防も改革してると言われているが、実態は休みをとるのが難しいらしい。

 

行政職のデメリット

・淡々とした仕事が多い。

・住民のためになっていることを直接実感できない部署もある。

 

警察・消防のメリット

・相対的に試験が簡単。ただし、東京消防は結構難しい。

・警察は給料が高い。

・現場で活躍するためやりがいがある。

・職場はかなりさばさばしている(飲み会もメリハリがある)。

 

警察・消防のデメリット

・シフト勤務(夜勤などがある)。

・事件や災害は待ったなし。いつどこで何が起こるかわからないことに対しての仕事である。

・研修や訓練がきつい(消防は特に)。

・行動の自由が制限される(勝手に旅行に行けなかったり…)。

 

迷う方は行政職の勉強から

どちらにも魅力を感じるなら、両方とも受けよう!行政職の勉強をしていれば警察・消防も受けることができるので、まずは両方受けて、どちらも受かって、最後にカッコいい方を選ぶのが一番よいでしょう!

キーワードやタグから別の動画を探す