「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

公務員試験、年間の勉強スケジュール計画の方法!

はじめに
今回は一次試験対策にフォーカスしたスケジューリングの話。
受験ジャーナルvol.1の特集に寺本先生が書いたスケジューリングの記事があるので、そちらも参考にしてほしい。

試験の勉強スケジュール スケジューリングは皆気になる
<受験生からの質問内容>
・公務員試験の勉強に関して、年間の勉強スケジュールを教えて頂いてもよろしいですか。
・年内までにどの程度の知識や解答力を付けておくべきでしょうか。
→まとめてお答えするッ!

年内の勉強スケジュール 教養の知能系科目について
教養(数的処理・文章理解)は直前までコツコツ勉強し、年内に一周が目標。

年内の勉強スケジュール 専門の知識系科目について
専門主要5科目(憲法、民法、行政法、ミクロ・マクロ経済)に「触れる」ことが大切。

年内の勉強スケジュール 小論文、人物対策も年内開始
小論文、人物対策は「始める」ことが大切。ガッツリやるのは年明けで良い。

年内の勉強スケジュール 年内の到達目標について
年内は解答力はどうでもいいが、これらの科目を全体的に「やった」と言える程度でOK。
一回全体を通しでやるからこそ、どこが重要か分かる。
全体像を知るッ。絵画で言えばデッサン。スポーツで言えば基礎体力作りアップ??いずれにせよ、重要。

年内の勉強スケジュール 年内は、5,6割の網羅率目標!
これらができていれば全体の5,6割程度の網羅率となる。

年明けの勉強スケジュール 1~3月の学習イメージ
年が明けたら、1~3月は並行して雑多な科目をつぶす感じ。例えば、社会科学、人文科学(自然科学)、政治学、行政学、財政学、経営学など。

年明けの勉強スケジュール 3,4月の直前期と超直前期
3,4月の直前期に刑法や労働法、時事などの科目をつぶす。時事は日常の取り組みで下地作り可能。

年明けの勉強スケジュール 直前期で得点戦略最終段階
本番に向け、山当てでテーマを絞りにかかる。
周期や去年の出題から出やすいテーマを予測し、無駄な勉強をしないようにする。

おわりに
今回は筆記試験のスケジュールについて紹介した。小論文、人物対策はまた別の機会で扱う。

キーワードやタグから別の動画を探す