「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

民間と公務員併願の決断を3つの視点からアドバイス!

第99回は民間と公務員併願の決断について。 決断のタイミング、毎年の受験生の傾向、併願する際のメリットデメリットという3つの視点からから寺本先生がアドバイスしてくれます。 民間の就職が決まりやすい現在、併願を悩んでいる多くの方へ大変役立つ回です! 是非ご覧下さい!

公務員と民間の併願 決断のタイミングは早めに

なるべく早い方がいいが、1月中が一応のリミット。

→3月に企業エントリーが始まるので、2月末が最終リミット。しかし、実際のところ企業研究もしないといけないので、2月末では遅い。
→1月中に決断しないと、ともに準備不足で厳しい状況になることが予想される。

決断のタイミングは早めにしよう!

 

公務員と民間の併願 受験生(合格者)の傾向

・併願する人しない人は半々くらい
・併願しない人は公務員試験を多く受ける傾向
・併願する人も数や業種は絞る傾向あり

 

公務員と民間の併願 公務員専願のメリデメ

メリット…勉強に集中できるので、計画を立てやすい。

デメリット…周りが動き出すので焦りやすい。周りとの付き合いがカギ。

 

公務員と民間の併願 民間併願のメリデメ

メリット…リスクヘッジになる。今はどこかに決まる状況あり。不安症な人は、民間でどこか決めて弾みをつけてから公務員を受けるのもよい。

デメリット…目的を失いがち。併願を言い訳にしない。

併願のメリデメは紙一重で自分次第なので、計画的に、意図的に動くことが大事!目的を明確にしよう。

面接の練習になるし、今はリスクヘッジになるので、民間併願がおすすめ。

キーワードやタグから別の動画を探す