「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

公務員試験の穴になりがち?!教養試験の文章理解の対策法!

みん公第120回は科目別対策シリーズの第4回、文章理解の対策について。 知能系で数的処理に次ぐ重要科目である文章理解ですが、勉強しない人が多く穴になりがち…。 そんな文章理解の概要と勉強方法を紹介します! 今回の動画を見て文章理解の概要を知り、問題演習で感覚を整えておくことが重要です。 ぜひご覧ください!

文章理解の概要 数的処理に次ぐ重要科目

・文章理解は二番手であると言って感覚で解く人、勉強しない人がいるが、難しい科目である。

・傾向として高得点勝負。全問正解を目指すべき科目。レベルは高くない。

・数的処理とのセットで得点戦略を立てる。数的処理ができなくても文章理解で得点を稼ぐことができる。文系は文章理解の実力をベースにする。

 

文章理解の概要 現代文・英文の問われ方

内容・要旨把握、空欄補充・文章整序がある。特に内容・要旨把握が頻出かつ差がつく。パターンがあるので演習をたくさんしよう。

 

文章理解の勉強法 出題数の多い英文について

現代文以上に英文の出題が多い。
→英語が苦手な人はまずは「単語」でカバー。単語の勉強を何回も繰り返すと、英語の能力が上がる。
→難しい文法・完璧な英文解釈は不要。選択肢から判断出来たらOK。単語をつなげて想像する力が大事。

 

文章理解の勉強法 内容・要旨把握は選択肢活用

内容・要旨把握では選択肢を大いに活用。
→選択肢を先に読んで問題文を読む。
→正解肢は迷彩、間違い肢は疑義なく間違い。
→間違い肢を切る力をつける。

 

 

キーワードやタグから別の動画を探す