「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

公務員試験の専門科目対策!教養試験とは違う視点とは?

みん公第131回は科目別対策シリーズの第8回、専門科目の対策について。 今回は行政区分向けに専門試験の科目の概要と勉強方法をお話しします! 専門試験は学問的な科目が多いので、深く追うとキリがない…。そんな特徴に合った勉強法を紹介します! 次回以降は各科目についての対策をより具体的に伝授していきます! まずは専門科目の概要となる今回をぜひご覧ください!

専門科目(行政)の概要 専門科目の役割について

将来の公務員を選別するための骨太な科目群。公務員はある程度色んな分野についての知識があってほしいということ。経済・法律が重要科目なので、経済学部、法学部が有利だがそのまま公務員試験ができるわけではないので、全員が公務員試験の勉強からスタートするつもりで!

 

専門科目(行政)の概要 区分が選べる試験種もある

国家公務員専門職、裁判所職員、名古屋市など、限られた科目で受けられる試験種もある。

 

専門科目(行政)の概要 専門試験を課す自治体の目的

専門科目を課す自治体は、筆記で客観的に見てくれると言える。

 

専門科目(行政)の概要 併願戦略の肝となる科目

教養科目が共通な分、併願戦略には専門科目がより大きく関わってくる。初めは専門主要科目だけでも勉強しておくと、併願の幅がグッと広がる。

 

専門科目(行政)の勉強法 出題難易度に合わせた勉強を

学問的な科目が多いので、深く追うとキリがない。公務員試験は浅く広くが多い。科目ごとの出題難易度に合わせて勉強する。

 

専門科目(行政)の勉強法 科目に応じた勉強の仕方を

インプットが必要な科目を見極める。
・過去問、アウトプット中心でも得点できる科目(経済、憲法など)。
・インプットとアウトプットを両方しないといけない科目(民法など)。

専門科目(行政)の勉強法 経済学の重要性を理解しよう

経済はたくさん出題されるので、経済から逃げてはいけない。継続すれば得意にしやすい科目と言われている。

キーワードやタグから別の動画を探す