「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

公務員試験対策、理系の天敵・人文科学の勉強法!

みん公第143回は、理系学生のための人文科学対策ッ。 文系受験生の多くは、自然科学を苦手としている…。一方、理系は人文科学が苦手な受験生が多いはず!そこで、今回は理系のための人文科学対策を話します。「目標は5割」、「キーは地理」など理系ならではの対策が満載の内容です!ぜひご覧ください!

理系のための人文科学対策 まもりの科目群なので目標5割!

目標は5割!他にしわ寄せが行かないように、5割は割りたくない。

 

理系のための人文科学対策 演習から出題パターンを探る

インプットは最低限にして演習から出題パターンを探る。アウトから入ってよい。特に地理は、問題演習から入る。

 

理系のための人文科学対策 模試だけ復習するのもあり

模試はその年出題されそうなもので作っているので、模試で出てきたテーマだけ復習するのもあり。

 

理系のための人文科学対策 キーである地理は死守!

地理を捨てると5割に届かないので、地理は絶対取ろう!

 

理系のための人文科学対策 日本史、世界史どちらか選ぶ

日本史と世界史は両方手を付けなくてもよい。どちらか選んでもよいということ。

 

理系のための人文科学対策 日本史、世界史は範囲を限定

もし日本史、世界史のどちらも勉強しておきたいなら、テーマを絞ろう(得点可能性が高くなる!)。この場合、日本史は江戸以降しかやらない、世界史は近代以降しかやらない。

→余裕がなければ、日本史は明治以降、世界史は第一次世界大戦以降。こうすれば、1問ずつは取れる。思想と文学・芸術は勉強しなくてよい。

キーワードやタグから別の動画を探す