「公平に情報を届ける」をテーマに公務員試験合格に役立つ情報を発信していきます

動画の内容

面接の頻出テーマを考察するシリーズ!みん公面接塾第3回!!

第95回は面接の頻出テーマについて考察するみん公面接塾の第3回。 公務員試験面接対策の基礎となる考え方について寺本先生がお話ししてくれます。 最初に汎用性があるものを意識し、共通事項を準備するなど、面接対策の幹の作り方を教えてくれます。 面接塾では今後も受験生の声を反映させていきます。 是非動画にイイね、コメントをお願いします。

面接対策の幹を作る 汎用性あるものから準備

面接カードをたくさん書かないといけないし、面接の内容も自治体によって違うので、汎用性を意識することが大切。共通していることから考えた方が効率がいい。

 

面接対策の幹を作る 頑張ったことについて

頑張ったことはどこの自治体でも聞かれるので、しっかり語れて書けるようにしておくことが大事。

 

面接対策の幹を作る 自己PRについて

自己PRもどこでも聞かれるので、一番初めに用意しておく事項。ロングバージョンとショートバージョンを用意しておこう(内容は同じでよい)。

 

面接対策の幹を作る 長所・短所、趣味・特技

長所・短所、趣味・特技はどこでも聞かれるので、早めに用意しておこう。
内容は面接塾第1回で扱っています!

 

面接対策の幹を作る ストックを用意すること

複数用意する→ストックは3つが原則。3つ言うように言われたときに、事前に考えておかないと矛盾が出てしまうことがある。他の項目も、面接カードに書くものと、ストックしておくものを持っておこう!

 

キーワードやタグから別の動画を探す